葬儀での通夜は、亡くなった人についての思い出を語るところです。いつまでもその人の事を忘れずにいたいです。

滞りのない葬儀のために心がけたいこと
滞りのない葬儀のために心がけたいこと

葬儀の通夜で思い出にひたる

葬儀というのは、滅多にあつまることのない人々に再会できる場所でもあります。亡くなった方を供養するために皆が集まります。葬儀には、納骨とう他にもいろいろな儀式がありますが、一番こころあたたまるのは通夜だと思います。大切な人が亡くなってしまったので、悲しさと切なさでいっぱいだと思います。ですが、通夜というのは、故人との思い出を語れる大切なものだと思います。亡くなってもなお、自分の話をしてもらえるというのは、とても幸せなことだと思います。楽しいことも悲しいことも共にしてきた友人や親戚たちと最後をともにし、見送られるというのは、人間の最後にとって、とても望ましいことです。

葬儀での通夜の間、皆で盛り上がっているところを、亡くなった方も一緒に和気あいあいとしているところが目に浮かびます。美味しいごはんを食べ、おいしいお酒を飲む、そして故人のことを語り合う、その様子を亡くなった方も宙に浮きながら覗いていると思います。そして、人々の会話につっこみをいれたりうなずいたりをしていそうな気がします。人は、この世に生まれて2度亡くなることがあるそうです。それは、一度目が人間の体が役目を終えて動きが止まる時です。そして2度目は、亡くなってその人の記憶が人々の頭からなくなってしまった時だそうです。私は、今まで何度か大切な人が天国に行くことを経験しましたが、その人のことを一度も忘れたことはありません。1年の間に一回だったとしてもその人の事を思い出すことが多々あります。忘れないでいきたいです。

お役立ち情報

Copyright (C)2019滞りのない葬儀のために心がけたいこと.All rights reserved.