お通夜と葬儀は昔から別の行事として考えられてきましたが、最近では簡略化によってお通夜を省く場合も多いようです。

滞りのない葬儀のために心がけたいこと
滞りのない葬儀のために心がけたいこと

お通夜と葬儀の必要性

最近は、お葬式にかかわる事や結婚式など、人生においての大きなイベントとなる出来事を簡略化する傾向があります。一昔前であれば結婚式やお葬式などには、大きなホールをかりて、沢山の親族・友人・知人を呼び、盛大に行ったものでしたが、最近だとどちらも家族で小さく、静かに執り行うケースがとても多いようです。私個人としてはどちらであれ、気持ちのこもった物であればとても良い思い出になるでしょうし、人数や規模はあまり関係ないとは思っているのですが、そういった大切な行事も、かなり簡略化されるケースも多いという事は少し疑問に感じます。お葬式の場合、本来であれば人が亡くなってすぐにお通夜が行われ、その次の日が葬儀となって、行事は終了します。それが、最近の傾向だと、お通夜を行わずに葬儀のみが行われることが多いのだと言います。家族葬などで小さなお葬式で済ませる家庭が多くなっていますから、仕方のないことだとは思いますが、どんなに小さくても良いですから、行事はきちんと執り行っていきたいとは思います。

真逆にはなりますが、結婚式も、式自体を行わずに済ませたり、と、なんでも簡略化の流れがとても多くなっています。そういった行事というものは、もちろん費用もたくさん掛かりますから、誰もが出来る物では無いことはわかります。しかし、結婚式は、後々になってしっかりやっておきたかったと後悔する家庭もとても多いと言いますし、葬儀やお通夜は、小さくてもしっかりと行事をこなすことで、故人への思いが募り、仏様として大切にしていかなくてはならないという思いがより強くなるのではないかと思います。

お役立ち情報

Copyright (C)2019滞りのない葬儀のために心がけたいこと.All rights reserved.