葬儀では初めにすることは通夜と言う夜通し遺体とともに過ごす日の事です。近親者や親しい人が集まりです。

滞りのない葬儀のために心がけたいこと
滞りのない葬儀のために心がけたいこと

葬儀では夜通しをする事を通夜と言う

誰もが亡くなった時には、初めにする事が通夜です。名前の通り遺体と一緒に夜通すと言う事ですが、親兄弟は寝ずにお線香を消さないように見ていなければないりません。まずは仮通夜と言うものがあり、亡くなった直後の仮通夜は、家の人が準備などで慌ただしいときなのです。亡くなるまで長く入院していた場合などは、遺族の方は看病とかで疲れてることもあるので、親しかった場合を除いて、入り口で挨拶だけするほうがいいです。挨拶の時に死因などは聞かない方がいいです。そんなに親しくないのに死因をなぜ言わなければならいのかと言われる事もあるかもしれません。疲れてるし悲しみの中あんまり知らない人には言いたくはないです。後、家の中に勧められて上がった場合は、あまり長居はしない方がいいです。

通夜から葬儀が終わるまで慌ただしいです。それに、通夜は親兄弟、親戚が夜通ししているので、疲れは結構きてます。けれど、通夜ではお線香を消していけないのですが、ずっと見ていると言う事はできないので、はやり仮眠中は他の人に代わってもらう方がいいです。通夜でも近所の人や故人の知り合いが来てくれる事もあります。お線香あげたいと言う人もいると思いますが、通夜では辞めときましょう。通夜でするより納骨してから家の人が落ち着いたぐらいにお線香をあげに行くといいかもしれません。亡くなってすぐのはいいんですが、はやり家の人達は疲れてるので通夜の時は挨拶だけしてまた日を改めて来た方がいいです。

Copyright (C)2019滞りのない葬儀のために心がけたいこと.All rights reserved.